取材レポート

2016年10月18日(日)ライコランド主催『サーキットスマイル IN TSUKUBA』


今回の取材レポートは、ライコランド・南海部品北関東グループが主催する『サーキットスマイル IN TSUKUBA』の模様を。

 

開催当日の早朝はあいにくの空模様。

雨も時折ぱらつきサーキット走行にはちょっと厳しいかな?という心配の中取材担当は筑波サーキットへ。

 

到着すると既にかなりの数の参加ライダーさんと、月刊ばいくっくシーズン2三人娘桜井未来、ときひろみ、ゆいはサーキット走行の準備中。

そそくさとカメラの準備を始めた担当、早速撮影を始めるも撮影ネタが多く休む暇もない(笑)

 

このスマイルサーキットとはサーキット走行体験会で、今回で22回目を迎えるライコランドの目玉イベント。

タイトルが示すようにサーキット走行会終了時にはみんなが笑顔で帰れるようにというメッセージを込めたこの企画、プロレーサーの指導と走行時の先導にてサーキット走行初心者でも安全安心して楽しめるという参加者には優しい企画となっており、さらにタイム計測もないので焦らず自分のスタイルで走れるというのも大きな魅力となっています。

 

サーキットに到着すると、まずはそれぞれのマシンの点検とテーピングなどの保安作業、タイヤの空気圧チェックなどを行います。

そのサポートは主催者と協力メーカーブースでサービスしてくれるので右も左も分からないというライダーでも安心して作業ができます。

 

車検が終わると、走行前ミーティングの開始。

坂田選手やサーキットスタッフからサーキット走行の基本ルールや走行時の注意事項などの指導があるので、これまたサーキット走行をしたことが無いライダーも臆無く走行に望めます。

ミーティングが終了すると、ついにサーキット走行。

月刊ばいくっく三人娘も揃っていよいよサーキットへ。

果たして三人は上手にサーキットを走れたのでしょうか?・・・その模様は動画をチェック。

サーキット走行が始まった頃には空模様は快晴。

10月とは思えない陽気となりライダーそれぞれがイベントタイトル通り笑顔で走行に望めました。

 

サーキットスマイルでは、その他ガレージセールや試乗会、そして大盤振る舞いのじゃんけん大会など、サーキット走行をしなくとも楽しめる企画が盛りだくさん。

 

真夏を思わせる健やかな秋空のもと、サーキットで一日を過ごすのも一興かと。

 

今回のサーキット走行会に参加したライダー様、ご気分はいかがでしたでしょうか?

きっと笑顔で帰路に着けたかと思います。

 

今回の開催でこのサーキットスマイルの楽しみ方を知ったライダーさん、そして動画を観て次回は参加したいと思ったライダーさん、来年の開催ではもっと多くのライダーさんが笑顔でお会いできると良いですね。

 

ということで第22回サーキットスマイル、月刊ばいくっく取材レポートは動画を要チェキ!ですよv