取材レポート

2017年4月29日(土)『第13回 まるごとバイクフェスティバル』


改めて街の道路を眺めてみるとオートバイがほとんど走っていないということに気付くだろう。特に東京都心はその状況が顕著だ。
5月を迎えオートバイを走らせるには最適な気候になり山や川や海などの観光地に行けばバイクは沢山走っている。
また週末至る所で開催されるオートバイイベントもどこも多くのバイクが並んでいる。
しかしながらそこに十代二十代の若者ライダーの姿を見ることはまれだったりする・・・。

オートバイマーケットの危機的状況が叫ばれるようになっている昨今、その中でも一番問題視しなければならないのはまさにそうした若者のオートバイ離れ、若年層でオートバイマーケットに参加するライダーが全く増えないことにあろう。
シニアのリターンライダーからしてみれば「僕らが乗っているから言われているほどバイクマーケットって危機ではないんじゃない?」と思うかもしれないが、若年層が増えない、新規ライダーが加わらないということは、すなわちマーケットの終焉/文化の衰退にも値する危機的状況であり。
日本社会が抱えている少子高齢化問題ともリンクするのかも知れないが人間社会の未来繁栄としても次世代が消えていくという事は種族そのものの存続が危うきに立たされることにしかならなく、その構造はまるまるオートバイ環境が抱えている問題にも当てはまる訳で。

月刊ばいくっくでもそのオートバイの危機的状況を鑑み、ばいくっくがーるといった若年層の女性ライダーを招致することでコミュニティーのリフレッシュを図ったり、イベントでは若年層の参加料は無料にするといったサービスを提案しつつ新規ライダーを育てようとはしているが現実にはなかなか思うようにはいっていない。

@@@


さて、前置きが長くなりましたが、今回取材したイベント『第13回 まるごとバイクフェスティバル』の開催コンセプトも、そうした若年層のオートバイ離れ問題やそもそもオートバイに興味を持たなくなった世間の同に目を向けバイクをより身近に楽しく安全に経験して貰おうということで開催されたイベントでした。

メーカーブースの設置や試乗会、プロライダーのデモライド企画など、パッと見他の大型オートバイイベントと変わらないようにも感じますが、筆者が当イベントで一番興味を抱いたのは教育啓蒙の場を展開しているという企画の存在でした。
そこはさすがに教習所主催ということの強みなのでしょうが、初心者や二輪免許がない方でも参加できる「レディース&ビギナースクール」、インストラクターが安全を確保しながらバイクの乗り方と楽しさを伝える「こどもバイク体験」など、若年層、新規もしくは潜在ライダーの育成創出を目的としたこうした企画の開催は非常に有意義だなと。

オートバイとはとかく「危険、汚い、うるさい」など世の中から毛嫌いされる存在ではありあますが「危険回避」とは教育にて改善できることであり、そういう改善できる個所からオートバイのマイナス的認知をプラスに転じていくのはバイク需要を高めていくうえでは最適な方法かと思われます。

(蛇足として:筆者は高校の際に「三ない運動」を校則とする高校に通いながらオートバイの免許を取り停学になったのですが、その際には「危険から逃げる」ではなく「危険を教える」ということを学校には強く要請したことを覚えています)

オートバイが抱え打開すべき問題をこのように遊びながら学べる企画に変えて展開する本イベントのようなものが増え、しかもライダー以外「バイクに興味がない」という不特定多数の一般に訴求できる開催が増えることにて冒頭にも記載した危機的状況の打開に繋がれば、そういう視点においては本イベントは非常に大きな意義をもっているのではと思いました。


さて上記堅苦しい文章とはなりましたが、それはともかく、そういう深く難しいこと考えなくとも、エンタメイベントとしても十分に楽しめた当イベント、親子で友人同士でバイク仲間で終日無料で楽しめるということではかなりお勧めできるイベントであったかと思います。

それよりなによりもこのイベントにおける「試乗会」の試乗車ラインナップは他に見ない数を誇り下手をすると雑誌社さんが主催するイベントよりも豪華であったので、この試乗会を目的として遊びに行っても十分元手をとれるかと思います。

もちろんこの取材では見学できなかった企画もその他沢山ありました。
当イベンとは来年も開催されるかと思いますので、このレポートを読んで参加したいという方は是非遊びに行ってみてはいかがでしょうか?



月刊ばいくっく
担当:田中


 

【取材協力】
『第13回 まるごとバイクフェスティバル』
http://www.fine-motorschool.co.jp/company/csr/marubai.php

【開催概要】
■日時:2017年4月29日(土・祝) 9:30~16:00 ※荒天中止
■会場:ファインモータースクール上尾校
(住所:〒362-0011 埼玉県上尾市大字平塚596-5)
※来場無料※イベントによっては参加に条件があります。
■主催:ファインモータースクール
■共催:株式会社サイクルロードイトー、有限会社モーターランドエムエム、
株式会社原サイクル、株式会社市川商会、株式会社ハラダ、株式会社島村工業、
損害保険ジャパン日本興亜株式会社、株式会社オークネット・モーターサイクル、
公益財団法人JKA、株式会社ジャパンドラッグ、モトラッド川越、MotoUP岩槻本店、
アラジン株式会社、有限会社バイクショップケイズ
■協力:株式会社プロトコーポレーション、キャンパルジャパン株式会社
ブリヂストンモーターサイクルタイヤ株式会社、岡田商事株式会社、株式会社キジマ、
SP忠男、埼玉自動車大学校、有限会社オートスタジオスキル、株式会社スズキ二輪、
ヤマハ発動機販売、株式会社ホンダモーターサイクルジャパン株式会社、
オスコ産業株式会社、埼玉県防犯・交通安全課、埼玉県警察(順不同)
■後援:埼玉オートバイ事業協同組合