イベントレポート

2017年5月13日(土)~14日(日)

『南三陸復興応援 牡鹿半島コバルトラインを走ろう!』



レポート


震災以降、宮城県を訪れたのは2度目。
前回は今から3年前に仙台市で行われた復興イベントでのお仕事の為でしたが、石巻市を始め津波の影響を大きく受けた地域は訪問する事無く東京に戻りました。

震災当日の夜に石巻市在住の友人と東京で会う約束をしていましたが連絡が取れず、その数ヶ月後に自宅のすぐ近くで津波に飲まれ亡くなった事を知りました。
約束の時間をもっと早くしておけばもっと早くに家を出ていて津波に飲み込まれる事も無かったかも。
そんな後悔の念から前回も足を伸ばせば行く事が出来た石巻市に敢えて行かなかったイヴ。
ばいくっくが無ければ今後も行く勇気が持てなかったかも知れません。

今回は石ノ森萬画館やシーパルピア女川などの観光を通しての復興支援だけでなく沢山の幼く尊い命か失われた石巻市立大川小学校の校舎にも足を運びましたが、とても言葉で言い表せるような雰囲気ではありませんでした。
写真や映像で見るよりもずっと大きく立派だったと思われるその校舎。
「その校舎を現在の姿にしてしまう程の威力を持つ津波」
実際に現地に行って見て感じて来たからこそ想像が出来ます。

昨年には校舎の保存が決定し今年から本格的な震災遺構整備が始まるそうです。
もしもツーリングなどで宮城県や東北地方に出向いた際には是非とも足を運んでみて下さい。

 

また石巻市内外問わず今回の南三陸復興支援ツーリングでは行く事の出来なかった素晴らしいスポットがまだまだありますので訪れてみてはいかがでしょうか。

 

2017.5.14
ばいくっくがーる
イヴ


南三陸町ツーリングに行ってみて。

普段は煙たがられることのが多いかもしれないライダーの私たちにできることってなんだろう?とずっと課題であったこと。
来てくれるだけで復興支援になる。
それなら行くしかない!
きっかけはここから。
復興支援ツーリングの企画がが立てられました。
そう、石巻市は東日本大震災で最も被災した街の1つです。

当日は天候に恵まれずコバルトラインもほとんど景色がみられずにホワイトアウトでしたが(笑)
緑いっぱいの空気が美味しくてさわやかな場所であることは雨のなかでも確認することができました(*^^*)
天気のいいときに絶対にリベンジしたいですね。

石巻のみなさんは明るくて優しくてフレンドリーで話していてとても暖かい気持ちになりました。

まだまだ復興できてないところも多いですが素敵な景色と人がいる南三陸町へ、みなさんもぜひ行きたいツーリングスポットの1つに取り入れてみてください・・・。

2017.5.14
ばいくっくがーる
ゆい


東京から往復約800㎞。
現地走行距離を含めると総計約1,000km。
走行時間約16時間。

南三陸復興応援と題したツーリングは終了した。

「ライダーだからこそ出来る震災復興を!!」
というスローガンのもとこの企画に参加したライダーはこの旅で何を感じ、何を得たのだろうか?

ニュースメディアによるヴァーチャル体験では無く直接現地に足を運びこの目で、この手で感じたリアルをライダーはどう受け止め、どうアウトプットすべきなのか。

勿論その答えはライダーそれぞれが見つけることだが旅を共にしたライダーが共有できた価値は「バイクを走らせた」事実だろう。

バイクを走らせ現地に赴きリアルを感じ、リアルを知り、リアルを伝える。
それこそがこの旅の意義と答え。

その意義と答えはこの旅の参加者13人すべての心に共に刻まれたことだろう。
リアルを感じ、リアルを伝えるためそして旅のドラマの続きを求め・・・

再び南三陸に向けてバイクを走らせたい
そう願う。


2017.5.14
月刊ばいくっく
田中徹夫


今回のツーリングコース


<スタート>
Sun Fun VILLAGE(宮城県石巻市 渡波大森11?11)

牡鹿半島 食堂いぶき(宮城県石巻市 大原浜字町18-1)

おしかのれん街(宮城県石巻市湊川-1-1)

御番所公園展望台(宮城県石巻市鮎川浜黒崎)

大六展望台(宮城県牡鹿郡女川町高白浜)

女川駅 女川駅前にぎわい拠点(宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原)

大川小学校(宮城県石巻市大森大平5)

道の駅 上品の郷(宮城県石巻市小船越二子北下1-1)
<ゴール>
計約127km

南三陸のおすすめツーリングルートです!!


ツーリング開催協力


 

「Sun Fun VILLAGE」(宮城県石巻市 渡波大森11ー11)

震災復興支援者の為に作られた宿泊施設を一般宿泊客にも提供するホテル。

~おすすめポイント~
●環境
海と緑に囲まれた自然豊かなオールシーズン楽しめるホテル。
女川、牡鹿半島、気仙沼等の南三陸ツーリングのベースとして最適。
「Reborn Art Festival(7/22~9/10開催)会場に近い。
●施設
レストラン(110席)、売店、コインランドリー、無料駐車場完備
●客室
セキュリティーの高いカードキー
二重サッシ、個別エアコンによる快適な室内
無料WiFi

●食事
夕食:肉と魚の日替わり料理とバイキング、サラダ、デザート
お酒の持ち込み自由
朝食:和・洋バイキング、サラダ、デザート
5:30~開店 早朝スタートもOK
●特典
★ライダーズプラン★
格安料金 2食付きで5,800円(税込)
ペットボトルドリンクサービス。
●女性特典
「三陸石鹸」(2017年5月現在)をプレゼント中。

<交通>
石巻駅から約8.8km
渡波駅から約1.8km
三陸自動車道 石巻港ICから約15km
三陸自動車道 石巻河南ICから約13km


 

「牡鹿半島 食堂いぶき」(宮城県石巻市 大原浜字町18-1)

牡鹿半島の中ほど大原浜にある食堂兼コミュニティスペース。
築80年の古民家をリノベーションした施設は東日本大震災のあと失われたコミュニティの再生を意図し交流の場、情報発信の場として機能している。
家屋の一角にはアウトドア・フットウェア・ブランドKEENオフィシャルショップも併設。

<交通>
JR仙台駅より車で約1時間45分
JR石巻駅より車で約45分
JR渡波駅より車で約30分
三陸自動車道 石巻河南ICより車で約60分
JR石巻駅より宮城交通バス鮎川線で約60分、大原バス停下車徒歩3分

 


「女川駅前にぎわい拠点」(宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原)

公共施設や商業・観光施設などを集めた女川駅を中心とするコンパクトな市街地。

~主な施設~
女川駅・女川温泉ゆぽっぽ
女川町まちなか交流館
テナント型商店街 シーパルピア女川
女川フューチャーセンターCamass(カマス)
水産業体験館 あがいんステーション
地元市場 ハマテラス


「石ノ森萬画館」(宮城県石巻市中瀬2-7)

仮面ライダーやサイボーグ009などで知られるマンガ家石ノ森章太郎のマンガミュージアム。
館内には貴重な原画はもちろん作品の世界を立体的に再現した展示やアトラクションオリジナルアニメの上映など石ノ森ワールドを満喫できる。


<交通>
電車
JR仙石線仙台 ? 石巻(約1時間20分)
仙石東北ライン(快速)仙台 ? 石巻(最速で54分)

大崎(古川)方面から:国道108号線経由で約60分
仙台から:三陸自動車道経由で約60分 最寄IC「石巻河南IC」から石巻市街地方面へ10分