イベントレポート

2017年7月30日(日)『ラフティング&ツーリング&ジビエ料理』



梅雨明け一発目の月刊ばいくっくツーリング企画は奥多摩で開催。

 

奥多摩をツーリングしたついでに、多摩川でラフティングをして、奥多摩道~大菩薩峠を走りライダーズカフェ丹波RIVERでジビエ料理を頂こうという特別企画。

夏本番には打ってつけの企画となりました。

 

しかしながら・・・。

ばいくっく、何故か天候運が悪い(泣)

梅雨明け7月、ゲリラ豪雨的一時的大雨はあったもののほぼ終日雨天の無い毎日だったのに、なぜかこの日は前日夜中から雨・・・。

ツーリングのついでに色んなレジャーを・・・という計画は朝一からもろくも崩れる。

 

それでも車でも参加できるということにして一路会場へ。

ハーレーを買ったえりかちゃんも、VRXを買ったありさちゃんもバイク参加を諦め車で現場まで。

 

午前9:30。

冬の間ばいくっくかふぇでお世話になっている奥多摩クルーソーラフティングに集合した参加者。

施設で着替えをし、ラフティングスタート地点の多摩川上流に移動。

プロガイドの指導を受けボートで川下りの冒険に出発。

普段はバイクを操るライダー達、今回はオールを操る。

多摩川の激流をうまくライディングできたでしょうか?

 

午後13;00。

ラフティングを楽しんだ一行は奥多摩街道~大菩薩峠ツーリングに。

へそ饅頭で午後チームと合流し、奥多摩道を走る。

ちなみに雨は降ったりやんだり。

あまりコンディションの良い状況ではありませんでしたが一同一丸となって目的地の丹波RIVERまで。

奥多摩の緑で森林浴を楽しみながら目的地まで進みました。

 

午後14:30。

一行が到着したのは丹波山村ある最近奥多摩ライダーに大人気となっているライダーズカフェ丹波RIVER。

店長山田さんの挨拶からスタートし、昼食に提供頂いたのはジビエ料理。

ちなみにジビエ料理とは鹿やクマなど野獣肉を使った料理のことで、ここ丹波山村では地元住民より多く生息する鹿を使った料理のこと。山田さんと地元料理さんが捕ってきた鹿の肉を今回はバーベキューにしてご馳走して頂きました。

野獣の臭みも無く美味しく味付けされたワイルドな肉を頂きつつライダー仲間同士の交流を楽しむひと時。

丹波山の自然に癒されながら美味しい料理を堪能できた充実の時間を頂きました。

青梅で降っていた雨もここ丹波山では止んでいて雨の鬱陶しさからも解放されましたね。

 

そんな感じで本日のイベントは無事終了。

ツーリングのみでの雨天開催はしんどいですが、ライダー交流そのものを目的としたり、ラフティングなど他のアミューズメント体験という目的もあると、雨でも楽しいひと時が過ごせるもんですね。

次回はどんなアミューズメントを提案していきましょうか?

 

次回もみなさまのご参加を楽しみにしています。

 

(追記)

今後も丹波RIVERさんとは様々なコラボ企画を開催します。

お楽しみに。

 


月刊ばいくっく
担当:田中


イベント開催協力


 

丹波RIVER

山梨県北都留郡丹波山村3653-1)

 

<交通>

奥多摩街道~大菩薩峠を抜け丹波山村街道沿い。

 


 

奥多摩クルーソーラフティング

東京都青梅市梅郷3丁目921−6

 

<交通>

電車の場合
青梅線(奥多摩方面行き) 日向和田駅下車 梅郷方面に徒歩5分

クルマの場合
圏央道「青梅IC」より25分、中央道「八王子IC」より35分