イベントレポート

2018年5月19日~20日『南三陸復興応援ツーリング コバルトライン&ブルーラインを走ろう!』

動画撮影編集:田中徹夫


撮影:山崎博之/田中徹夫


3回目となる南三陸復興応援ツーリング。

 

この活動は、1回こっきりじゃ、ただのはた迷惑な道楽だろう。

しかし、10年続ければ、みんなの記憶に残るのだろう。


そんなイベントが開催黄色信号になったから、一肌脱いでスタッフ側に回り手伝うことにした。

 

自分は主にゲストライダー集めとオプショナルプラン企画。
昨年まではレギュラー的なばいくっくガールもいたけど、今回は完全にゼロスタート。
4月に山中湖のばいくっくイベントに初めてきてくれた2名も都合により不参加。。。

ピンチはチャンスと考え直して、以前お会いした百鬼よたさんに再度アタックして合計で2名のゲストライダーを迎えることができて、それだけで俺の南三陸復興応援ツーリングは半分終わった(^_^;)
2人のゲストライダーも彼女たちなりに考え、盛り上げてくれたことに感謝感激(^-^)/

ファンも何人か連れてきてくれたようで、うれしい限りだ(^-^)/

また、今回ホテル以外にも、色々な人脈を作ることができた。

亘理のカフェレストラン「ルート66」。

メシウマで、オーナーも気さくで、駐車場も広くて、東北ツーリングの拠点にばっちり!

そして、地元の復興ライダーほしぞうさん!

いきなりの先導無茶ぶりにも気持ちよく?対応してくれました!

ありがとう!
新地町の復興という新たなテーマも見つかりました。

また、山元インターのファミマの店長にも、バイク20台もの休憩を快諾いただき、感謝です!

増え続ける参加者で運営は苦しくなる一方だけど、開催を年四回にするとか、まだやりようはあるかな。

ランチタイムも、大急ぎになってしまいましたねー。

あと、参加者同士の横の繋がりも、もっとやりやすくしたい。

仲好し同士も最高だけど、バイクのりの輪を広げられたら、もっと楽しいはず!

次回も今回以上に盛り上げていきたいので、予定あけといて下さい!

10月です!

 

text by

ばいくっく2.0

金森崇宏


●ツーリング

参加ライダー総数60名。走行距離約1,000km(往路リーリング含む)。

これだけの参加者人数あって距離あって事故/怪我一つなく全て完走出来たというのは奇跡的な話。

参加ライダーの安全管理への配慮に感謝。

 

●南三陸復興応援

「ツーリングをしながらガソリン補給、食事、お土産購入、ホテル宿泊にて経済支援を行う、ライダーだから出来るボランティア」

このテーマに対して果たしてどれだけ貢献できただろうか?

それは参加者それぞれが考え、想ったか?次第だろう。

各ライダーがこのボランティアツーリングで得たもの、得た事、それが今後自主的に拡散していくことに大いに期待したい。

 

●イベント

参加者全員に満足して貰いたく、参加者全員に笑顔で帰って貰いたく、半年かけて準備した当イベント。

事故無く、ミスなく、抜かりなく、運営していたつもりが、参加者クレームに繋がる致命的なミスがひとつ。

原因の一端はヒューマントラブル、参加者同士のディスココミュニケーションに要因ありと考えられるが・・・。

次回の目標は100%なイベントを作る!

 

text by

ばいくっく「南三陸復興応援ツーリング」企画運営責任者

田中徹夫


イベント開催協力

SunFunVILLAGE
宮城県石巻市 渡波大森11−11

 サンファンビレッジは長期滞在者の安眠と安心を提供し、「第2の家」のような快適さを重視しています。 二重サッシと断熱壁により保湿・保温性の高い住環境を実現し、付帯設備にはレストラン、売店、ランドリー等を完備しています。サンファンヴレッジのお得な「特別ライダープラン」も。

■オフィシャルサイト■

https://www.sunfun-village.com/